かわいい雰囲気になれるカラコン

カラコンをつけるときは手洗いを忘れずに

 

カラコンは瞳の印象が変えられてかわいく見えると、おしゃれな女性たちから人気のアイテムです。
従来のコンタクトレンズと異なり、処方箋がなくても購入できます。コンタクトレンズ専門店だけでなく、ドラッグストアやディスカウントショップなどでも購入できるため、気軽に使い始められるアイテムです。
カラコンを使うときには、そのつけ方も大切です。目の中に入れるものですから清潔さに注意しなくてはいけません。着脱時には必ず手洗いをして、手指の汚れを落としましょう。カラコンの裏表を間違えないようにして、装着をしましょう。

 

カラコンのつけ方と洗浄液

 

カラコンの付け方は、コンタクトレンズと同じように行います。
基本的な付け方は、まずよく手を洗います。次に大きく目を見開きながらまぶたを指で固定し、レンズを直接目に装着します。1〜2回ほどまばたきをしてなじませてから、もう片方の目にレンズを装着します。
もしもこのとき、新品のカラコンを使うのであれば、洗浄液にあらかじめ浸けておく必要はありません。ただし、新品でも使用前は洗浄液ですすいでから使うことに注意が必要です。
また、使い捨て以外を使う場合には、カラコン以外に洗浄液や保存液、ケースなども準備する必要があります。

 

カラコンのつけ方と爪切り

 

カラコンをつける前には石鹸でよく手を洗って、しっかりすすいで清潔にします。
爪が長いとカラコンを破いたり目を傷つけたりするので、
人差し指だけでも爪切りで爪を短くしておきます。
つけ方はまず、ケースからレンズを取り出して表裏を確認します。
見分け方はレンズを指にのせたときに、レンズがおわん型になっていれば表向き。
レンズの端が反り返った状態だと裏向きなので、表向きに直します。
利き手の人差し指にレンズをのせ、鏡を見ながら黒目がよく見えるように
中指で下まぶたをひき下げ、もう片方の手の人差し指で上まぶたを引き上げます。
まっすぐ前を見たまま、レンズが黒目の上にくるようそっとのせます。
レンズが正しい位置にのってるのを確認したら、指を外します。
目をゆっくり閉じてまばたきを2?3回したら装着完了です。